スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集(2) 遠隔技術悪用を告発する29名による被害実態報告

NPO法人テクノロジー犯罪被害ネットワークから新しい被害報告書が出版されました。
今回も多数の被害者の方々が報告をされており、大変読み応えのあるものとなっています。

被害者の方は、ぜひご一読ください。

「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集(2) 
遠隔技術悪用を告発する29名による被害実態報告」

・発売日:2013年06月
・著者/編集:テクノロジー犯罪被害ネットワーク  内山治樹
・出版社: 講談社ビジネスパートナーズ
・サイズ: 単行本
・ページ数:429p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今までに前例のない新しい悪行が世に現れ、その被害を訴える人が増え続け、遠隔技術の発展は、一方で恐ろしい事態を招いている。新しい悪行に晒されている被害者29名による実態報告集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「人体に反応する遠隔技術」についてー体験者だからこそ残せる報告文/テクノロジー犯罪観察記/防犯とは名ばかりの悪質な人権侵犯集団/書いたら殺すぞ!/マインドコントロール被害者の被害ステージというレール/侵蝕されてゆく日々/自由な自分を取り戻すために2/「集団ストーカー・電磁波マイクロ波攻撃・生体通信悪用組織犯罪者の意識を問う」/狂気の世界/今、人としてここに!〔ほか〕





なお、第1集もあわせてご一読をお勧めいたします。

スポンサーサイト

被害者の方へお勧めの書籍

被害事実の広報活動を積極的に行っている方々もいます。

有名なのが特定非営利活動法人(NPO法人)テクノロジー犯罪被害ネットワーク副理事長の
内山治樹(ウチヤマハルキ)さんです。

この方は広報のために書籍を発行しています。

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集
遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害



早すぎる?おはなし
テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌


皆様もぜひ読んでみてください。

集団ストーカーの記録

被害者の皆さんが集団ストーカーの記録によく利用しているものとしては、以下のものがあります。

1.デジタルカメラ


2.ビデオカメラ


3.ICレコーダー



4.放射線測定器

電磁波被害対策

電磁波被害にあっている被害者の方が使用しているのが、電磁波遮断のため道具です。

たとえばこのようなエプロンなどは、低周波磁界を遮断できる電磁波防止エプロンなので、
被害者の方にはお勧めです。

プロフィール

syusutojapan

Author:syusutojapan
インターネット上で活動している集団ストーカー被害者の方々を紹介するブログです。情報交換や交流などにどうぞ。
被害者の報告集が出版されています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。